言い訳は「人生経験」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

俺の進学校オタク論

なんで東京の進学校(主に男子校)にはオタク(ジャンル不問)と呼ばれる人が多いのか?
少し考えてみた。
文章が相当長くなってしまったので、2回か3回に分けます。



そもそも「オタク」なんて、定義があいまいな言葉の代表格なので、あらかじめこの記事で扱うオタクというものについては説明しておいた方がいいかな、と。

まあ何かに熱中していればオタクって事にしておきましょう。ずいぶん粗いですが、まあ我々はそんな感じで使っているのでしょうがありません。


で、状況説明。
場所は新宿区。なんか都心そうですね。山手線を思い浮かべてみましょう。中央線との分岐点に新宿駅があります。そこから少し北に行くと駅があります。さて何という駅だったかな…高田馬場?惜しい…
とまあこんまどろっこしい説明は置いといても、微妙に印象が薄いと思うんですよ。新大久保という場所は。

そうなるともうどこの学校かは調べればすぐ分かりそうですね。こんな学校です。

で、知ってる人は知ってると思うのですが一応、進学校です。中にいると実感沸きませんが。
まあ西日暮里あたりにある学校とか神戸市東灘区あたりにある学校には敵いませんが。超えられない壁って奴です。
それでも中にいるのはウチより少し(?)頭がいいだけの人たちだと信じているので、この記事は適用できると思いますよ。まあ腐女子の方々がお嬢様学校に多いかどうかは、如何せん人脈がないので確認できませんが。


それで、オタクの話。
なんかもう、オタク多い。
まあ我がクラスメートに言わせれば、「それはこのクラスだけだ」なのかもしれませんが、私としてはそれでも他のクラスにもたくさん(多分)いるので、マイクラスが特異なのは大した問題では、ありません。といってもそれがこんな記事を書こうと思ったきっかけなんですけどね。


まず思ったのが、「頭がいい」
自分でいうな、とかそういう問題じゃなくても、客観的に見ても生徒のレベルは高いです。はずです。信じてます。

頭がいいと、読解力、理解力、想像力とかが高いと思います。詳しい事は脳科学者に聞かないと分かりませんが、まあ一般論で言えばそうなんじゃないかと。

オタクであるためには理解力が必須です。複雑な時代背景、絡まりあう伏線、次々現れる登場人物、特有の難解すぎる表現、多すぎるカタカナ固有名詞、伝わりにくいパロディネタ…

これらを完全に理解するにはかなりの理解力が必要なはずです。理解力がなくても楽しむ事は十分に出来ますが、理解力があった方が絶対面白いです。

他にも読解力がないと、比較的難しいラノベは読めません。
想像力がないと文章の情景が分かりませんね。
記憶力がないと話の内容が思い出せません。

国際数学オリンピックの金メダリストの愛読書が時刻表だったりするのも偶然ではない…っていうのはまあ詭弁かもしれませんが。

ただ、もともと頭がよかった人よりは、オタクになった事により、オタクに必要な力が身についた人の方が絶対的に多いとは思います。

でも、頭がよかったから複雑な世界をすんなり受け入れられた、というのはあるんじゃないかなぁ、なんて思ってます。



       ――― 続く ―――

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

要約したらオタクは頭いいって言いたいんだね?
確かにオタクは頭がある程度よくないとなれない
だいたいいろんな人に趣味はあるしオタクだってただの個人の趣味でしかならない
だからオタクを否定することは人の趣味を否定することになりかねない!
いくら趣味が理解できなくてその人をオタクと決め付けてまるで人種差別みたいなかんじでその人を軽蔑するのはどうかと思う。

傘丸 | URL | 2009-01-22(Thu)20:08 [編集]


傘丸さん

>>要約したらオタクは頭いいって言いたいんだね?

間違いではありませんが、そこまでの極論ではありません。日本はオタク王国ですからね、私の周りの人を見ての感想なので一応。。。

>>だいたいいろんな人に趣味はあるしオタクだってただの個人の趣味でしかならない
だからオタクを否定することは人の趣味を否定することになりかねない!
いくら趣味が理解できなくてその人をオタクと決め付けてまるで人種差別みたいなかんじでその人を軽蔑するのはどうかと思う。

そうですね。オタク等を悪とみなす風潮が日本にあるのは事実です。その辺についてもまた今度書きたいです。

コメントありがとうございました!

noon | URL | 2009-01-23(Fri)06:26 [編集]


教室内でオタクをアピールし過ぎて、オタクでない人間にひかれているのを知りつつも、その大半の他人から見れば気持ち悪い二次元文化を前面に押し出しているのはオタクのほうであり、軽蔑されて当たり前。オタクの中には他のオタク仲間にさえ理解されていればいい奴もいるし、逆にそれを快感と捉える奴もいる。勝手にやらせとけばいい。ただし危害を加えてくればオタクでない人間が完膚なきまでに叩くだろう。別に人々は必ずしも悪としているわけではない。異色なものとして避けているだけだ。生理的にかもしれないが。
※ここでは主に二次元オタクの話

長門 | URL | 2009-01-25(Sun)20:06 [編集]


長門さん

お久しぶりですね。この前長門の意味が分かりました。朝比奈とか谷口と合わせて。

>>オタクの中には他のオタク仲間にさえ理解されていればいい奴もいるし、逆にそれを快感と捉える奴もいる。

そういう人の快感と引き換えに我々の「そっとしておいてくれ、特異視しないでくれ」という願望が犠牲にされているワケですね。
一部のものが多数に影響を与えるこのオタク社会に変革を(嘘)

コメントありがとうございました

noon | URL | 2009-02-04(Wed)16:35 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。